HOME 会報 ごあいさつ コラム 日本作曲家協会のご案内 活動 入会のご案内 お問合せ リンク
HOME | 活動〜日本レコード大賞〜
 
 

2019年(令和元年)

第61回 日本レコード大賞

主催:公益社団法人 日本作曲家協会
   日本レコード大賞制定委員会
後援:TBS
(『第61回輝く日本レコード大賞:TBS』はこちら)

 第61回「日本レコード大賞」(主催・日本作曲家協会)の最終審査と音楽発表会は、12月30日17時30分から東京・初台の新国立劇場・中劇場において盛大に実施されました。
 「レコード大賞」は“Foorin”が「パプリカ」でレコード大賞史上最年少受賞、最優秀新人賞は“BEYOOOOONDS”が獲得しました。
 総合司会は、TBSアナウンサー・安住紳一郎氏と女優の土屋太鳳さんが、アシスタントは江藤 愛さん(TBSアナウンサー)がつとめました。この模様はTBS系列地上デジタル放送、BS放送、そしてTBSラジオでも生放送されました。
 今回は、企画賞を獲得したゴールデンボンバーの「令和」で華やかに開幕となりました。
 やがて、前半のハイライト最優秀新人賞の発表。元ラグビー日本代表主将・廣瀬俊朗氏により受賞者が発表され、徳久広司実行委員長によりBEYOOOOONDSに楯が授与されました。
 その後、発表会は各賞受賞者による歌唱や、特別功労賞受賞者など亡くなったスターを偲んでのスペシャルコーナーで、EXILE・ATSUSHIさん、伊藤 蘭さん、亀梨和也さん、吉田 羊・鈴木梨央さんらによるパフォーマンスがステージを飾りました。
 そして、最優秀歌唱賞を獲得した市川由紀乃さんの発表の後、受賞者たちが客席に着き会場の雰囲気が最高潮に達したところで、「第61回レコード大賞」が発表され、弦 哲也制定委員長により「パプリカ」を歌唱したFoorinの制作スタッフに楯が授与されました。なお、Foorinは平均年齢が11.2歳と全員が15歳以下ということで、午後9時以降の出演は自主規制したため、すでに帰宅したメンバーに電話で感動の受賞を伝え、制作スタッフが受賞を代行しました。

(写真提供:TBS)

各賞受賞者一覧

  【レコード大賞】

 
「パプリカ」◆Foorin

  【最優秀歌唱賞】

 
◆市川由紀乃

  【優秀作品賞】

「ECHO」 ◆Little Glee Monster

「片隅」 ◆三浦大知

「黒い羊」 ◆欅坂46

「サステナブル」 ◆AKB48

「純烈のハッピーバースデー」 ◆純烈

「Sing Out!」 ◆乃木坂46

「大丈夫」 ◆氷川きよし

「ドレミソラシド」 ◆日向坂46

「P.A.R.T.Y.〜ユニバース・フェスティバル〜」 ◆DA PUMP

「パプリカ」 ◆Foorin  

【最優秀アルバム賞】

 
「9999」 THE YELLOW MONKEY

【優秀アルバム賞】

 
「いつか、その日が来る日まで...」 矢沢永吉
「瞬間的シックスセンス」 あいみょん
「Sympa」 King Gnu
「美らさ愛さ」 夏川りみ

【新人賞】

海蔵亮太
新浜レオン
BEYOOOOONDS
彩青

【最優秀新人賞】

 
BEYOOOOONDS

 【日本作曲家協会選奨】

 
丘みどり

 【作曲賞】

岩崎貴文
「限界突破×サバイバー」
氷川きよし

【作詩賞】

 
石原信一
「最北シネマ」 松原健之、
「雪恋華」 市川由紀乃
 

【編曲賞】

 
大橋卓弥/常田真太郎
「青春」 スキマスイッチ

【企画賞】

「GUNDAM SONG COVERS」 森口博子
「大航海2020〜恋より好きじゃ、ダメですか?ver.〜」 高田夏帆
「微吟」 ちあきなおみ
「My Bouquet」 伊藤蘭
「Love Covers」 ジェジュン
「令和」 ゴールデンボンバー 

【功労賞】

 
金井克子、園まり、袴田宗孝、ビリー・バンバン
 

【特別功労賞】

 
有馬三恵子、内田裕也、千家和也、萩原健一
 

【特別賞】 

 
菅田将暉、竹内まりや、米津玄師
 

【特別音楽文化賞】 

 
ジャニー喜多川