HOME 会報 ごあいさつ コラム 日本作曲家協会のご案内 活動 入会のご案内 お問合せ リンク
HOME | 日本レコード大賞27
 
 

1985年(昭和60年)12月31日(火)PM6:30 日本武道館

第27回 日本レコード大賞

主催:公益社団法人 日本作曲家協会
   日本レコード大賞制定委員会

大賞

 
曲名:「ミ・アモーレ

歌手:中森明菜
作詩 :康 珍化
作曲 :松岡直也
編曲 :松岡直也
ワーナー・パイオニア
 

アルバム大

 
「9.5カラット」(フォーライフ) 歌手:井上陽水
 

最優秀スター賞

 
曲名:「ジュリアに傷心」など  歌手:チェッカーズ
作詩:売野雅勇
作曲:芹沢廣明
編曲:芹沢廣明
 

最優秀歌唱

 
曲名:「波止場しぐれ」  歌手:石川さゆり
作詩:吉岡 治
作曲:岡 千秋
編曲:斎藤恒夫
 

最優秀新人

 
曲名:「C」  歌手:中山美穂
作詩:松本 隆
作曲:筒美京平
編曲:萩田光雄
 

金賞

 
曲名:「男船」(RVC) 歌手:神野美伽
作詩:やしろよう
作曲:市川昭介
編曲:池多孝春
 
曲名:「そして…めぐり逢い」(徳間ジャパン) 歌手:五木ひろし
作詩:荒木とよひさ
作曲:中村泰士
編曲:池多孝春
 
曲名:「タッチ」(キャニオン) 歌手:岩崎良美
作詩:康 珍化
作曲:芹澤廣明
編曲:芹澤廣明
 
曲名:「デビュー」(コロムビア) 歌手:河合奈保子
作詩:売野雅勇
作曲:林 哲司
編曲:鷺巣詩郎
 
曲名:「PASSION」(トーラス) 歌手:早見 優
作詩:中原めいこ
作曲:中原めいこ
編曲:新川 博
 
曲名:「望郷じょんから」(コロムビア) 歌手:細川たかし
作詩:里村龍一
作曲:浜 圭介
編曲:桜庭伸幸
 
曲名:「ミ・アモーレ」(ワーナー・パイオニア) 歌手:中森明菜
作詩:康 珍化
作曲:松岡直也
編曲:松岡直也
 
曲名:「悲しみにさよなら」(キティ) 歌手:安全地帯
作詩:松井五郎
作曲:玉置浩二
編曲:安全地帯
 
曲名:「ジュリアに傷心」(キャニオン) 歌手:チェッカーズ
作詩:売野雅勇
作曲:芹沢廣明
編曲:芹沢廣明
 
曲名:「Romanticが止まらない」(ポリドール) 歌手:C-C-B
作詩:松本 隆
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀
 

新人賞

 
曲名:「Temptation」 歌手:本田美奈子
作詩:松本 隆
作曲:筒美京平
編曲:大谷和夫
 
曲名:「恋におちて」 歌手:小林明子
作詩:湯川れいこ
作曲:小林明子
編曲:萩田光雄
 
曲名:「C」 歌手:中山美穂
作詩:松本 隆
作曲:筒美京平
編曲:萩田光雄
 
曲名:「雨のハイスクール」 歌手:芳本美代子
作詩:松本 隆
作曲:財津和夫
編曲:大村雅朗
 
曲名:「さよならと言われて」 歌手:松本典子
作詩:銀色夏生
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆
 

優秀アルバム賞

 
「回帰線」(CBS・ソニー) 歌手:尾崎 豊
 
「kamakura」(ビクター) 歌手:サザンオールスターズ
 
「9.5カラット」(フォーライフ) 歌手:井上陽水
 
「サンダー・イン・シ・イースト」(コロムビア) 歌手:ラウドネス
 
「10番目のミュー」(キャニオン) 歌手:尾崎亜美
 
「D404ME」(ワーナー・パイオニア) 歌手:中森明菜
 
「Todays Girls」(ビクター) 歌手:小泉今日子
 
「トラマティック極東探偵団」(東芝EMI) 歌手:高中正義
 
「NO SIDE」(東芝EMI) 歌手:松任谷由実
 

作曲賞

 
井上陽水   曲名:「いっそセレナーデ」「飾りじゃないのよ涙は」
 

編曲賞

 
船山基紀   曲名:「Romanticが止まらない」
 

作詩賞

 
阿久 悠   曲名:「夏ざかりほの字組」
 

企画賞

 
(株)徳間ジャパン/キャッツタウンレコード/吉 幾三「俺ら東京さ行くだ」
ビクター音楽産業(株)/制作スタッフ 組曲「夢千代日記」
ワーナー・パイオニア(株)/柳ジョージ/制作スタッフ「GOOD TIMES」
 

特別賞

 
(株)CBS・ソニーグループ
小林明子
 

功労賞

 
二葉あき子
近江俊郎

 年鑑を通じて、中森明菜ブームが巻き起こった昭和60年。大賞曲は「ミ・アモーレ」。ピンク・レディーの「UFO」から、久しぶりのアイドル歌手による大賞受賞となりました。この年から会場を日本武道館に移し、一dなと大きなスケールとなり、声援、応援が激しいステージとなりました。
 最優秀歌唱賞は石川さゆり。「波止場しぐれ」を歌って、演歌がんばれ!の拍手に応えました。また、2円目を迎えた「アルバム大賞」に選ばれたのは、井上陽水の「9.5カラット」、大晦日のステージには、仲の良い安全地帯が応援にかけつけ、井上陽水と玉置浩二との音の共演が実現し、注目されました。井上陽水は、作曲賞と合わせてのダブル受賞でした。


◆1985年(昭和60年)社会・世相◆


【この時代】
 ・つくば万国博覧会開催
 ・豊田商事事件
 ・日航ジャンボ機墜落
 ・阪神タイガース優勝
 ・ファミコンブーム
【流行語】
 ・ダッチロール
 ・やらせ
 ・金妻
 ・イッキ
 ・疑惑
【ファッション】
 ・バルーンスカート
 ・コンサバティブ
【物価】
 ・コーヒー(一杯)    282円
 ・都営地下鉄初乗り   140円
 ・大学初任給   140,000円
【ヒット商品】
 ・天皇在位60周年 金貨
 ・スーパーマリオ