HOME 会報 ごあいさつ コラム 日本作曲家協会のご案内 活動 入会のご案内 お問合せ リンク
HOME | 日本レコード大賞23
 
 

1981年(昭和56年)12月31日(木)PM7:00 帝国劇場

第23回 日本レコード大賞

主催:公益社団法人 日本作曲家協会
   日本レコード大賞制定委員会

大賞

 
曲名:「ルビーの指輪

歌手:寺尾 聰
作詩:松本 隆
作曲:寺尾 聰

編曲:井上 鑑
〈東芝EMI〉
 

最優秀歌唱

 
曲名:「すみれ色の涙」 歌手:岩崎宏美
作詩:万里村ゆき子
作曲:小田啓義
編曲:萩田光雄
 

最優秀新人

 
曲名:「ギンギラギンにさりげなく」 歌手:近藤真彦
作詩:伊達 歩
作曲:筒美京平
編曲:馬飼野康二
 

金賞

 
曲名:「あなたひとすじ」 歌手:川中美幸
作詩:たかたかし
作曲:弦 哲也
編曲:斉藤恒夫
 
曲名:「命あたえて」 歌手:森 進一
作詩:川内康範
作曲:猪俣公章
編曲:猪俣公章
 
曲名:「哀しみ本線日本海」 歌手:森 昌子
作詩:荒木とよひさ
作曲:浜 圭介
編曲:竜崎孝路
 
曲名:「人生かくれんぼ」 歌手:五木ひろし
作詩:たかたかし
作曲:弦 哲也
編曲:京 建輔
 
曲名:「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」 歌手:沢田研二
作詩:三浦徳子
作曲:沢田研二
編曲:伊藤銀次
 
曲名:「すみれ色の涙」 歌手:岩崎宏美
作詩:万里村ゆき子
作曲:小田啓義
編曲:萩田光雄
 
曲名:「センチメンタルガール」 歌手:西城秀樹
作詩:あまがいりゅうじ
作曲:鈴木キサブロー
編曲:若草 恵
 
曲名:「街角トワイライト」 歌手:シャネルズ
作詩:湯川れい子
作曲:井上大輔
編曲:井上大輔
 
曲名:「もしもピアノが弾けたなら」 歌手:西田敏行
作詩:阿久 悠
作曲:坂田晃一
編曲:坂田晃一
 
曲名:「ルビーの指輪

歌手:寺尾 聰
作詩:松本 隆
作曲:寺尾 聰

編曲:井上 鑑
 

新人賞

 
曲名:「ギンギラギンにさりげなく」 歌手:近藤真彦
作詩:伊達 歩
作曲:筒美京平
編曲:馬飼野康二
 
曲名:「てれてZinZin」 歌手:竹本孝之
作詩:三浦徳子
作曲:馬飼野康二
編曲:馬飼野康二
 
曲名:「父さん」 歌手:裕子と弥生
作詩:さいとう大三
作曲:宮坂 実
編曲:馬飼野俊一
 
曲名:「函館本線」 歌手:山川 豊
作詩:たきのえいじ
作曲:駒田良昭
編曲:前田俊明
 
曲名:「はみだしチャンピオン」 歌手:沖田浩之
作詩:阿木耀子
作曲:筒美京平
編曲:筒美票平
 

作詩賞

 
松本 隆 曲名:「ルビーの指輪」
 

作曲賞(中山晋平賞)

 
寺尾 聰 曲名:「ルビーの指輪
 

編曲賞

 
井上 鑑 曲名:「ルビーの指輪
 

ベスト・アルバム賞

 
「We are」(東芝EMI
歌手:オフコース 制作スタッフ
 
「水の中のASIAへ」(東芝EMI
歌手:松任谷由実 プロデュース及び編曲担当松任谷正隆 制作スタッフ
 
「ロング・バケイション」(CBS・ソニー)
歌手:大滝詠一 制作スタッフ 家ケット制作スタッフ

 

ロング・セラー賞

 
石原裕次郎  曲名「ブランデーグラス」
山本譲二   曲名「みちのくひとり旅」
竜 鉄也   曲名「奥飛騨慕情」
 

企画賞

 
(株)キティ・ミュージック・コーポレーション ポリドール(株) 高中正義「虹伝説」
キングレコード(株)(歌は生きている)
東芝EMI(株) 由紀さおり「昭和絶唱」
 

特別賞

 
松島詩子
(株)フォーライフレコード
 

ゴールデン・アイドル賞

 
曲名:「風立ちぬ」 歌手:松田聖子
作詩:松本 隆
作曲:大滝詠一
編曲:多羅尾伴内
 
曲名:「グッドラックLOVE」 歌手:田原俊彦
作詩:小林和子
作曲:小田裕一郎
編曲:大谷和夫
 
曲名:「スマイル・フォー・ミー」 歌手:河合奈保子
作詩:滝 真知子
作曲:馬飼野康二
編曲:大村雅朗
 
曲名:「ハロー・グッバイ」 歌手:柏原よしえ
作詩:喜多條 忠
作曲:小泉まさみ
編曲:竜崎孝路
 

'81アルバムベスト10

 
「We are」(東芝EMI) 歌手:オフコース
オン・ザ・ストリート・コーナー (RVC) 歌手:山下達郎
サングロウ (ビクター) 歌手:阿川泰子
ステレオ太陽族 (ビクター) 歌手:サザンオールスターズ
ハート&ソウル (エピック・ソニー) 歌手:シャネルズ
水の中のASIAへ (東芝EMI) 歌手:松任谷由実
ラブ・ポーションNo.1 (徳間音工) 歌手:ザ・ヴィーナス
臨月 (キャニオン) 歌手:中島みゆき
ロング・バケイション (CBS・ソニー) 歌手:大滝詠一
ロンリー・ハート (東芝EMI) 歌手:クリエーション
  



 
昭和48年「なみだ恋」で歌唱賞を受賞して以来、昭和51年「もう一度逢いたい」、昭和52年「愛の終着駅」での最優秀歌唱賞受賞2回を含み、ほとんど毎年顔を出していた八代亜紀が「雨の慕情」で見事大賞を獲得しました。
最優秀歌唱賞は「大阪しぐれ」を歌った「都はるみ」、昭和39年「アンコ椿は恋の花」で新人賞、昭和51年「北の宿から」での大賞につづいて三冠王を達成した彼女は「ほんとうに嬉しい」とコメント、その言葉どおり、笑顔で明るい歌唱でした。
新人賞に目を向けると、田原俊彦、松田聖子、河合奈保子と、アイドル全盛時代を予見できるメンバーが顔を揃えています。そして、この年の大ニュースは「山口百恵引退・結婚」。レコード大賞は「特別大衆賞」を贈ってその功績をたたえました。
 

1980年(昭和55年)社会・世相

 
[この時代]

  • 「イエスの方舟」事件
  • ジョン・レノン射殺
  • 王選手引退
  • 漫才ブーム

[流行語]

  • クレイマー家族
  • カラスの勝手でしょ
  • それなりに
  • 好きだからあげる
  • 竹の子族

[ファッション]

  • ダウンジャケット
  • トレーナー
  • ニュートラ

[物価]

  • カレーライス        450
  • ガソリン(1リットル)   155円
  • 大卒初任給       114,500円

[ヒット商品]

  • ルービックキューブ
  • ポカリスエット
  • ヨード卵
  • 生ビール
  • ウォッシュレット