HOME 会報 ごあいさつ コラム 日本作曲家協会のご案内 活動 入会のご案内 お問合せ リンク
HOME | 日本レコード大賞2
 
 

1960年(昭和35年)12月28日(木)PM1:00神田共立講堂

第2回 日本レコード大賞

主催:公益社団法人 日本作曲家協会
   日本レコード大賞制定委員会

大賞

 
曲名:「誰よりも君を愛す」

歌手:松尾和子/和田弘とマヒナ・スターズ

作詩:川内康範
作曲:吉田 正 

編曲: 和田 弘
〈日本ビクター〉
 

歌唱賞

 
曲名:「哀愁波止場」
歌手:美空ひばり
作詩:石本美由起
作曲:船村 徹
編曲:船村 徹
 

作曲賞

 
曲名:「白い小ゆびの歌」
歌手:島倉千代子
作詩:関沢新一
作曲:古賀政男
編曲:船村 徹
 

企画賞

 
日本コロムビア(株)
曲名:「ずんどこ節」
歌手:小林 旭
作詩:西沢 爽
作曲:遠藤 実
編曲:狛林正一
 
曲名:「ダンチョネ節」
歌手:小林 旭
作詩:西沢 爽
作曲:遠藤 実
編曲:狛林正一
 

童謡賞

 
曲名:「ゆうらんバス」 
歌手:水上房子/キング小鳩会
作詩:小林純一
作曲:中田喜直
編曲:中田喜直
 



 
カラーテレビ放送が開始され、「ダッコちゃん人形」がヒットしたこの年。歌謡界はジャズ歌手から吉田 正門下に加わったフランク永井、松尾和子の二人、そhしてムードコーラスのマヒナ・スターズ等を中心とする都会派歌謡の黄金時代を迎えていました。
前年にフランク永井と組んで「東京ナイトクラブ」をヒットさせた松尾和子は、この年、和田弘とマヒナ・スターズと組み、ムード歌謡の原点と言われる「誰よりも君を愛す」で大賞を受賞しました。
また、8月に彗星の如くデビューした橋 幸夫が、着流し姿で小首をかしげて歌う青春股旅ソング「潮来笠」で、初の新人賞。吉田学校の歌手達が大活躍した一年となりました。

1960年(昭和35年)社会・世相

 
[この時代]

  • 日米安保条約に調印
  • 安保阻止の全学連7000人国会に突入東大生樺美智子の死
  • 社会党・浅沼稲次郎委員長刺殺
  • 高度成長・所得倍増計画を発表
  • ローマオリンピック

[流行語]

  • アンポハンタイ
  • 所得倍増
  • トップ屋

[ファッション]

  • ジーパン流行の兆し

[物価]

  • 日本酒(1リットル) 835円
  • コーヒー        60円
  • 大学初任給     12,190円

[ヒット商品]

  • ダッコちゃん
  • EEカメラ
  • バンドエイド