HOME 会報 ごあいさつ コラム 日本作曲家協会のご案内 活動 入会のご案内 お問合せ リンク
HOME | 日本レコード大賞14
 
 

1972年(昭和47年)12月31日(日)PM7:00 帝国劇場

第14回 日本レコード大賞

主催:公益社団法人 日本作曲家協会
   日本レコード大賞制定委員会

大賞


曲名:「喝采

歌手:ちあきなおみ
作詩:吉田 旺
作曲:中村泰士

編曲:高田 弘
〈日本コロムビア〉

最優秀歌唱


曲名:「あの鐘を鳴らすのはあなた」 歌手:和田アキ子
作詩:阿久 悠
作曲:森田公一
編曲:森田公一

最優秀新人


曲名:「芽ばえ」 歌手:浅丘めぐみ
作詩:千家和也
作曲:筒美京平
編曲:高田 弘

歌唱賞


曲名:「瀬戸の花嫁」 歌手:小柳ルミ子
作詩:山上路夫
作曲:平尾昌晃
編曲:森岡賢一郎


曲名:「夜汽車の女」 歌手:五木ひろし
作詩:山口洋子
作曲:藤本卓也
編曲:藤本卓也


曲名:「許されない愛」 歌手:沢田研二
作詩:山上路夫
作曲:加瀬邦彦
編曲:東海林修

大衆賞


曲名:「子連れ狼」 歌手:橋 幸夫
作詩:小池一雄
作曲:吉田 正
編曲:吉田 正


曲名:「ひとりじゃないの」 歌手:天地真理
作詩:小谷 夏
作曲:森田公一
編曲:馬飼野俊一

新人賞


曲名:「太陽がくれた季節」 歌手:青い三角定規
作詩:山川啓介
作曲:いずみたく
編曲:松岡直也


曲名:「男の子女の子」 歌手:郷ひろみ
作詩:岩谷時子
作曲:筒美京平
編曲:筒美京平


曲名:「雨」 歌手:三善英史
作詩:千家和也
作曲:浜 圭介
編曲:近藤 進


曲名:「せんせい」 歌手:森 昌子
作詩:阿久 悠
作曲:遠藤 実
編曲:只野通泰

作詩賞


曲名:「終着駅」 歌手:奥村チヨ
作詩:千家和也
作曲:浜 圭介
編曲:横内章次

作曲賞


曲名:「どうにもとまらない」 歌手:山本リンダ
作詩:阿久 悠
作曲:都倉俊一
編曲:都倉俊一


曲名:「涙」 歌手:井上 順
作詩:阿久 悠
作曲:都倉俊一
編曲:都倉俊一

編曲賞


曲名:「ハチのムサシは死んだのさ」 歌手:平田隆夫とセルスターズ
作詩:内田良平/むろふしチコ(補)
作曲:平田隆夫
編曲:土持城夫

企画賞


キングレコード(株)「日本歌唱大百科」 歌手:ダークダックス

童謡賞


曲名:「ピンポンパン体操」  歌手:杉並児童合唱団・金森勢
作詩:阿久 悠
作曲:小林亜星
編曲:筒井広志

特別賞


越路吹雪
石本美由起





沖縄の施政権返還、沖縄県が誕生したこの年、日本レコード大賞は、ちあきなおみの歌った「喝采」でした。小柳ルミ子が歌う「瀬戸の花嫁」と大接戦の末での決定だっただけに、発表の途端、一瞬呆然とした彼女の姿が印象的でした。
そして歌になり「プロはどんなことがあっても決して歌ったら泣くものではない」という教えを守ってきた彼女らしく、必死に涙をこらえて歌い切った時の表情もまた印象的でした。一方、最優秀歌唱賞は和田アキ子。受賞が告げられるや、感激屋で涙もろい彼女はすでに涙、涙…どういうわけか、傍に座っていたジュリーの手を取って、一緒にステージに引っ張り上げてしまったんです。「歌手はすべてライバル、けど、歌手はみんな仲間」と云うアッコの面目躍如たるシーンでした。

1972年(昭和47年)社会・世相


[この時代]

  • 沖縄の施政権返還
  • 田中角栄首相「日本列島改造論」を発表
  • 横井庄一グアム島から28年ぶりの帰還
  • 札幌冬季オリンピック開催
  • 連合赤軍、浅間山荘事件

[流行語]

  • 恥ずかしながら
  • あっしにはかかわりあいのないことで
  • 未婚の母
  • 同棲時代

[ファッション]

  • マリンルック
  • 1920年代ファッション

[物価]

  • とうふ(一丁)   40円
  • レコード(EP)  500円
  • 大卒初任給    49,900円

[ヒット商品]

  • ゴキブリホイホイ
  • 電子ジャー
  • パンダのぬいぐるみ