HOME 会報 ごあいさつ コラム 日本作曲家協会のご案内 活動 入会のご案内 お問合せ リンク
HOME | 活動〜第12回日本作曲家協会音楽祭〜
 
 

日本作曲家協会音楽祭・2019

豪華出演者で華やかに開催 

 
 
 当協会主催「日本作曲家協会音楽祭・2019」は、10月7日(月)17時から東京都北区「北とぴあ・さくらホール」において開催されました(共催:東京都北区、後援:北区文化振興財団・産経新聞社)。
 第一部は「特別選奨」に選ばれた山本譲二さん、坂本冬美さんの表彰に続いて、「ベストカラオケ賞」「ロングヒット賞」「有線大衆賞」の部門3賞・受賞歌手の歌唱が披露されその後、楯が授与されました。
 次に「奨励賞」受賞歌手の発表と表彰、そして受賞歌手による歌唱で大いに盛り上がりました。
 20分の休憩をはさみ、第二部は、「日本作曲家協会・歴代会長作品メドレー」により幕開けとなりました。そして「ソングコンテスト・グランプリ」の発表。グランプリ受賞者・山田恵範氏作曲「タンポポだけの花屋」と最優秀作曲賞受賞者・藤井和男氏作曲「FLY〜旅立ち」の表彰があり、グランプリ曲「タンポポだけの花屋」がクミコさんにより歌唱されました。
 やがて音楽祭は、「特別選奨」を受賞した坂本冬美さんと山本譲二さんによる「スペシャルステージ」で最高潮となり、最後は「まつり」の大合唱でフィナーレとなりました。
 なお、この模様は11月3日(日・祝)16時〜17時24分BSテレ東において放送されました。

日本作曲家協会音楽祭は、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の音楽文化振興、著作権思想の普及を目的とした助成を受けて行われています。
主催:(公社)日本作曲家協会 共催:東京都北区 後援:(公財)北区文化振興財団・産経新聞 協力:日刊スポーツ新聞社

第一部

 開演に先立ち幕前では、主催者を代表して弦哲也会長、徳久広司理事長、若草恵音楽祭委員会委員長が揃って挨拶。また、聖川湧社会福祉委員会委員長からは台風15号による激甚災害への寄付の呼びかけが行われました。
 そして17時、テレビ東京アナウンサー増田和也、西野志海両氏の司会により、音楽祭は開演となりました。
 

「日本作曲家協会音楽祭・特別選奨」授与式

 めざましい活躍で歌謡界をリードし続ける歌手に贈る今年度の「特別選奨」には、山本譲二さん、坂本冬美さんの2人が選ばれ、それぞれに楯が授与されました。

 
五木ひろし(中央)大月みやこ(右)

「日本作曲家協会音楽祭・奨励賞」授与式

「特別選奨」を受賞した坂本冬美さんをプレゼンターに3賞受賞者が発表されました。

ベストカラオケ賞

「雪恋華」

市川由紀乃

ロングヒット賞

「会津追分」

森山愛子 

有線大衆賞

「おとこの純情」

辰巳ゆうと
 

「日本作曲家協会音楽祭・奨励賞」授与式

「特別選奨」を受賞した山本譲二さんをプレゼンターに受賞者が発表されました。

朝比奈あきこ
松阪ゆうき
入山アキ子
大城バネサ
成世昌平

第二部 

日本作曲家協会・歴代会長メドレー

「高校三年生」
「柔」
「潮来笠」
「東京だヨおっ母さん」

ソングコンテスト・グランプリ作品発表

 表彰式に先立って、課題詩となった作詩者2名と優秀作曲賞受賞者8名(うち一般からの応募2名)が紹介され、続いてグランプリ受賞者・山田恵範氏と最優秀作曲賞受賞者・藤井和男氏の表彰が行われました。そして、グランプリ受賞作品「タンポポだけの花屋」がクミコさんにより歌唱されました。

クミコ

グランプリ 

「タンポポだけの花屋」
作曲:山田恵範
作詩:氏原一郎
山田恵範氏

 最優秀作曲賞

 
藤井和男氏

スペシャル・ステージ

「特別選奨」を受賞した坂本冬美さん、山本譲二さんによるスペシャルステージで音楽祭は最高潮となりました。

坂本冬美
山本譲二
 
「まつり」によるフィナーレ